摩擦などの刺激によるお尻の黒ずみはなぜできるのか?

お尻の黒ずみ

肌を強い力で洗ったり、痒みを感じて肌を掻いてしまったりすると、肌への強めの刺激となり、黒ずみのもとになってしまいます。
まず摩擦の刺激によってできる黒ずみの原因について詳しく紹介いたします。

肌は摩擦の刺激を受けるとメラニン色素を生みます

摩擦だけではなく、肌は紫外線など強い刺激を受けると肌を守るため、メラノサイトという細胞が働きはじめ、メラニン色素が生まれます。
メラニン色素には紫外線を吸収したり、外部刺激から肌を守ったりする働きがあります。
メラニン色素が生まれるお陰で肌は守られているのです。

しかし強い刺激は過度にメラニン色素を生み出してしまいます。
普通メラニン色素は肌が代謝するタイミングで上へと上がっていき、皮膚の外へと排出されます。
しかしメラニン色素が過度に分泌されると、その全てを皮膚の外へ排出することができません。
そして皮膚の奥にとどまり残ってしまい、黒ずみが肌に発生します。

なのでお風呂で体を洗う時はなるべく優しい力で洗うようにして、また自分の肌に合わない下着を履くのはやめておきましょう。
なるべくヒップへの刺激を少なくするのが黒ずみを減少させるコツです。

摩擦の刺激は肌のターンオーバーを乱します

お尻への摩擦による刺激がメラニン色素を過度につくり、黒ずみとなり肌にとどまることがあるのを紹介しましたが、摩擦による刺激が黒ずみをつくるもとはもう一つあるのです。
それは摩擦による強めの刺激が、肌のターンオーバーを普通よりスピーディに変化させてしまうことです。

肌は摩擦により強めの刺激を受けると、皮膚の表面にある角質が予定よりも早めに皮膚から落ちていきます。
すると新しい角質を皮膚の表面に押し出して肌を守るため、肌を代謝させる、ターンオーバーが通常よりスピーディに働きはじめます。

するとまだ出来上がっていない、外からの刺激への耐性がない角質が皮膚の上へと上げられ、刺激への耐性が低くなってしまいます。
そしてまた外から摩擦による刺激を受けてしまうと、肌のバリア機能が弱まっているため、通常の皮膚の状態より黒ずみが生まれやすくなります。
刺激を受けやすい、敏感肌の人などはターンオーバーがスピーディになってしまいやすく黒ずみが生まれてしまうので気をつけてくださいね。

お風呂から上がってお尻の水分をタオルで取る時も、なるべく優しく拭いてくださいね。